「日本人の堕落時代 夢野久作」を開催

2014年05月17日

2014年5月17日午後、福岡市で四方田犬彦さんの講演会を開催しました。福岡市で生まれた不思議な作家、夢野久作の生誕125周年に因んで、「日本人の堕落時代 夢野久作」というテーマでお話しいただきました。

杉山直樹(久作の本名)が入院していたにもかかわらず、1923年に発生した関東大震災を取材するために東京に向かい、生々しいルポルタージュを「九州日報」に書き続けた記者時代(作家・夢野久作になる前)の作品『東京人の堕落時代』を高く評価されていました。

四方田犬彦講演会

四方田犬彦講演会

コメントを残す