〈未来〉との連帯は可能である。しかし、どのような意味で?

2012年06月30日

〈未来〉との連帯は可能である。しかし、どのような意味で?

福岡ユネスコ文化講演会を開催しました

テーマ:「〈未来〉との連帯は可能である。しかし、どのような意味で?」
2012年6月30日、福岡市のレソラNTT夢天神ホールにて、社会学者 大澤真幸(おおさわまさち)氏を講師に文化講演会を開催しました。
(講師略歴)
1958年長野県松本市生まれ。
東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。
千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。

3・11東日本大震災の後、日本を将来どのような社会に生まれ変わらせていくかを考えていく際に重要な課題となっている、今まだ生まれていない他者が作りだす〈未来〉との連帯という問題を中心に、大澤社会学の現在点を語っていただきました。

コメントを残す

講演会・セミナー活動について

福岡ユネスコ協会は日本研究者の方々をお招きし、様々な催しを開催してきました。 その一つ一つが、内外の研究者の方々の最新の発表と活発な討議を通して世界の目からみた日本の文化、そしてこれからの日本の在り方を示唆するものと高い評価をいただいております。 福岡ユネスコ協会は今後もこうした日本研究の発表の場をつくり、日本の文化を世界に発信する架け橋でありたいと願っています。 これらの会議、セミナー、シンポジウムは一般の方々に公開しております。会議用語は原則として日本語です。 一部外国語を使用する場合にはその旨を事前にご案内し、通訳や日本語資料の参照などで補います。 皆さまのご参加をおまちしております。

event