「FUKUOKA U ブックレット」第4号が刊行されました

2013年08月09日

当協会のシンポジウムや講演会などを収録した「FUKUOKA U ブックレット」(弦書房 刊)。
シリーズに新たな1冊が加わりました。
第4号は社会学者 大澤真幸氏の講演録
『〈未来〉との連帯は可能である。しかし、どのような意味で?』(A5版67頁、定価\700+税)
3.11後の社会をどう生きるか…。大澤社会学、渾身のライブトークです。
全国の書店でお買い求めいただくことができます。

~今までに刊行されたブックレットは次のとおりです~
創刊号(2012年7月)は社会学者 見田宗介氏の講演録
『現代社会はどこに向かうか 生きるリアリティの崩壊と再生』(A5版64頁、定価¥650+税)。
第2号は京都大学教授 小倉紀蔵氏の講演録
『東アジアとは何か 〈文明〉と〈文化〉から考える』(A5版64頁、定価¥650+税)。
第3号は作家の黒川創氏と、文芸評論家の加藤典洋氏による講演と対談の記録
『考える人 鶴見俊輔』(A5版96頁、定価¥780+税)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BLOG

メタ情報