世界が読む 日本の近代文学 全3巻

1998年12月31日

発行:丸善ブックス
1996年~1998年刊行
1,800~2,200円

第1巻
序章-内なる国境-
1. 昭和十年代の文学と芸術
2. 戦中期の文学をめぐって
3. 戦後文学をめぐって
4. 昭和期の文学と伝統
1,800円

第2巻
1. 白樺派文学と私小説
2. 白秋と茂吉の歌
3. 日本近代詩と中原中也
4. 芥川文学と1920年代の美術と文学
5. 総括討議・大正期から昭和初期の文学と芸術
1,800円

第3巻
第一章 
藤村文学をめぐって
藤村と中国文学、『夜明け前』と歴史的時間
藤村の都市論
近代への転換期における藤村文学
第二章
明治期文学をめぐって
透谷における『八犬伝』の受容について
二葉亭四迷『浮雲』の問題点
文化翻訳者・成造者としての夏目漱石
一葉における「風景」の様相

2,200円

コメントを残す

出版活動について

福岡ユネスコ協会ができて60余年の歳月がながれました。
当協会ではいままでの活動を広く知っていただくため、1964年から会誌「FUKUOKA UNESCO」(年刊)を刊行してきました。また、その他にも日本文化をテーマとしたものを中心に、数々の本を出版してきました。その詳細をこのコーナーでご案内しております。
それぞれの本は日本の内外を問わず、その分野の研究者の方々によるものです。

会誌「FUKUOKA UNESCO」のみ実費頒布(送料込)をしております。
ご希望がありましたら、事務局(下記)までTEL/FAXでお問い合わせください。
(お問い合わせは平日10〜17時の間にお願いします)
また、FAXでお尋ねの節は必ずご自分の連絡先ご住所、TEL、FAX番号をお書き添えください。
中には在庫のないものもございます。お問い合わせいただきましたら、当方よりあらためてご連絡させていただきます。

publication