日本を問い続けて —加藤周一、ロナルド・ドーアの世界—

2004年12月31日

発行:岩波書店
2004年刊行
2,400円

福岡ユネスコ協会が主催した二つのセミナー、
1998年開催の「ロナルド・ドーア教授の日本研究50年」と、
2000年開催の「世界における日本研究と加藤周一」。
この本は、これら二つの国際セミナーをもとに編集されました。
社会学者 ロナルド・ドーア氏と、評論家 加藤周一氏が問い続けてきた
戦後日本そして今の日本の姿が語られています。
福岡ユネスコ協会は、20世紀後半を通して、その日本研究の歩みを見続け
内外に発信してまいりました。
『日本を問い続けて』の中に、併せて当協会の軌跡の一端も感じて頂ければと思います。
※この書籍は書店にてお買い求めください。 定価(本体2,400円+税)です。

コメントを残す

出版活動について

福岡ユネスコ協会ができて60余年の歳月がながれました。
当協会ではいままでの活動を広く知っていただくため、1964年から会誌「FUKUOKA UNESCO」(年刊)を刊行してきました。また、その他にも日本文化をテーマとしたものを中心に、数々の本を出版してきました。その詳細をこのコーナーでご案内しております。
それぞれの本は日本の内外を問わず、その分野の研究者の方々によるものです。

会誌「FUKUOKA UNESCO」のみ実費頒布(送料込)をしております。
ご希望がありましたら、事務局(下記)までTEL/FAXでお問い合わせください。
(お問い合わせは平日10〜17時の間にお願いします)
また、FAXでお尋ねの節は必ずご自分の連絡先ご住所、TEL、FAX番号をお書き添えください。
中には在庫のないものもございます。お問い合わせいただきましたら、当方よりあらためてご連絡させていただきます。

publication