「アジア主義―その先の近代へ」を開催

2015年02月05日

2015年1月24日(土)に「アジア主義―その先の近代へ」をテーマに福岡ユネスコ文化セミナーを開催しました。

午前中の基調講演では、北海道大学の中島岳志さんが幕末から現代までの日本のアジア主義の流れを分かりやすく、また熱く語られました。特に福岡の玄洋社の活動が持った課題や可能性など未来につながる内容を含んだ80分の講演でした。

中島岳志さん

中島岳志さん


午後のパネルディスカッションではパネリストの批評家・若松英輔さんが「東洋はどこにあるのか」と題して、岡倉天心から柳宗悦を経て井筒俊彦までの思想を紹介して、文化的、精神的そして霊性的な面から東洋について話されました。

文芸評論家の安藤礼二さんは、福岡で生まれた作家・夢野久作を同時代の宮沢賢治と比較しながら、また時には折口信夫を交えながら「夢野久作のアジア」と題して語られました。

若松英輔さん、安藤礼二さん

若松英輔さん、安藤礼二さん

3人による討議は、東洋が井筒俊彦が考えたようにギリシア以東くらいの広い範囲での精神的な共通性がみられる点や宗教に関することなど幅広く意見が出され、40年以上前に竹内好が提起したアジア主義に関する論議を一歩先に進ませようとする刺激に満ちた討議となりました。

福岡ユネスコ文化セミナー「アジア主義―その先の近代へ」

福岡ユネスコ文化セミナー「アジア主義―その先の近代へ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BLOG

メタ情報