「新興アジアをどう見るか? 4つの視点」を開催

2015年07月14日

「新興アジアをどう見るか? 4つの視点」のテーマで、末廣昭氏(東京大学社会科学研所教授)による、アジアの新興経済諸国の経済・社会状況についての講演会を7月11日に開催しました。

末廣昭氏(東京大学社会科学研所教授)

末廣昭氏(東京大学社会科学研所教授)


最新の統計数値とわかり易いグラフや図を使って、以下のお話をされました。

(1)新興経済はどこの国を指すのか?
 ⇒ アジア経済をみる4つの視点
(2)生産するアジア:生産ネットワークと域内貿易の深化
(3)消費するアジア:都市化と中間層の成長
(4)老いてゆくアジア:少子化と高齢化
(5)疲弊するアジア:経済格差の拡大
(6)新興アジアと日本の関わり方

「新興アジアをどう見るか? 4つの視点」会場風景

「新興アジアをどう見るか? 4つの視点」会場風景

講演後の質疑応答では、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への日本の関わり方についてなど、関心のある事柄に関する質問も多く出ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BLOG

メタ情報