福岡ユネスコ文化講演会 新興アジアをどう見るか? 4つの視点

2015年05月12日

末廣 昭 講演会ポスター
日時:2015年7月11日(土) 13:30~16:00
会場:天神ビル10号ホール(福岡市中央区天神2丁目)
テーマ:「新興アジアをどう見るか? 4つの視点」
講師:末廣 昭(すえひろ・あきら)氏
料金:一般1000円(当日1200円)
   学生・留学生500円(事前・当日とも)
定員:200名
経済発展が著しい新興アジア諸国はいま、世界の生産地から消費地へと変化しています。アジア社会の変化のスピードは速く、若くて躍動するこの地域も少子高齢化が進み、将来的には老い、疲弊していくことが予想され始めています。中国経済が大きな影響力を及ぼしつつある現在のアジアを経済的、社会的に捉えなおすとともに、今後日本が果たせる役割についても考えてみます。

末廣昭氏近影

末廣 昭(すえひろ・あきら)氏
1951年鳥取県生まれ。
東京大学社会科学研究所教授。専門は開発経済学、アジア経済社会論。
東京大学大学院経済学研究科を修了後アジア経済研究所、タイ・チュラーロンコーン大学客員研究員、大阪市立大学を経て現職。
主な著書・共著書『タイ 開発と民主主義』『キャッチアップ型工業化論—アジア経済の軌跡と展望』(アジア太平洋賞大賞受賞)『進化する多国籍企業—いま、アジアでなにが起きているのか?』『新興アジア経済論—キャッチアップを超えて』など

お申し込み方法
1.催し名(末廣昭講演会)
2.お名前(参加ご希望の方全員)、
3.ご連絡先(FAXまたはメールアドレス)
4.一般/サポーター/学生等の別
上記を明記の上、メール(fuunesco2014@gmail.com)かFAX(092-733-1291)でお申し込みください。
メールアドレスはお申し込み専用のアドレスになっています。公式アドレスと違っていますのでご注意ください。
詳しくはpdfファイルもご覧ください。

2016/09/02
講演内容をまとめたブックレットができました。
変容するアジアの、いま 《新しいアジア経済社会論》

コメントを残す

講演会・セミナー活動について

福岡ユネスコ協会は日本研究者の方々をお招きし、様々な催しを開催してきました。 その一つ一つが、内外の研究者の方々の最新の発表と活発な討議を通して世界の目からみた日本の文化、そしてこれからの日本の在り方を示唆するものと高い評価をいただいております。 福岡ユネスコ協会は今後もこうした日本研究の発表の場をつくり、日本の文化を世界に発信する架け橋でありたいと願っています。 これらの会議、セミナー、シンポジウムは一般の方々に公開しております。会議用語は原則として日本語です。 一部外国語を使用する場合にはその旨を事前にご案内し、通訳や日本語資料の参照などで補います。 皆さまのご参加をおまちしております。

event