福岡ユネスコ文化講演会&トークショー 葉室麟の世界にふれる

2015年01月08日

葉室麟の世界にふれる
日時:2015年3月4日(水)14:00~16:00
会場:ウェルとばた 戸畑氏市民会館中ホール
戸畑区汐井町 1-6(JR戸畑駅下車南口から徒歩1分)
テーマ:「葉室麟の世界にふれる」
定員:300名
入場無料
申し込み方法:チラシのpdfファイルをダウンロードの上、下部のフォームに必要事項をご記入の上、ファクスでお申し込みください。

2012年に第146回直木賞を受賞した著書『蜩ノ記』が映画化されるなど、その活躍がますます注目される作家の葉室 麟さんを自身の出身地北九州市にお招きし、講演会&トークショーを開催します。トークショーでは事前に皆さまからお寄せいただいた葉室さんへの質問にお答えしていただきます。サイン会も予定しておりますので是非ご参加ください。

葉室麟(はむろ・りん)氏
1951年福岡県北九州市小倉生まれ。作家。
西南学院大学卒業後、地方記者、ラジオニュースデスク等を経て、2005年『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。『銀漢の賦』(07)で松本清張賞、『蜩ノ記』(12)で直木賞を受賞。その他の作品として『秋月記』『螢草』『天の光』等。

*トークショー聞き手
和泉僚子(いずみ・りょうこ)氏
書評家、福岡女子短期大学非常勤講師。
福岡市総合図書館、福岡市文学館で特別資料専門員を務めた後、新聞等に書評を執筆。

盛会のうちに終了しました。
講演会の様子はblogでもご報告しています。
次のリンクからご覧ください。
「葉室麟の世界にふれる」を終えて

コメントを残す

講演会・セミナー活動について

福岡ユネスコ協会は日本研究者の方々をお招きし、様々な催しを開催してきました。 その一つ一つが、内外の研究者の方々の最新の発表と活発な討議を通して世界の目からみた日本の文化、そしてこれからの日本の在り方を示唆するものと高い評価をいただいております。 福岡ユネスコ協会は今後もこうした日本研究の発表の場をつくり、日本の文化を世界に発信する架け橋でありたいと願っています。 これらの会議、セミナー、シンポジウムは一般の方々に公開しております。会議用語は原則として日本語です。 一部外国語を使用する場合にはその旨を事前にご案内し、通訳や日本語資料の参照などで補います。 皆さまのご参加をおまちしております。

event