日本(イルボン)発韓国映画の魅力を探る

2018年06月20日

日本(イルボン)発韓国映画の魅力を探る(チョン・スワン氏講演会)
福岡ユネスコ文化講演会
日本(イルボン)発韓国映画の魅力を探る
〜日本の漫画・映画を元にした韓国映画から見た韓・日文化比較

2018年8月4日(土)13:30〜16:00(開場 13:00)
会場:電気ビル共創館3F カンフアレンスC会議室
   福岡市中央区渡辺通2丁目
講師:チョン・スワン氏
定員 :110名

参加費:一般 1000円(当日1200円)
    学生・留学生 500円(事前・当日とも)
主催 :一般財団法人 福岡ユネスコ協会
後援 :福岡市教育委員会

2018年前半に韓国でヒッ卜した映画の中に『いま、会いにゆきます』と『リトル・フォレス卜』があります。この2本は原作が日本の小説、漫画であり、ともに日本で映画化された作品でもあります。
韓国では1998年10月、金大中政権の時に日本の大衆文化が公式的に開放され、日本との文化交流が進展しました。以降、東野圭吾の小説を原作とした『白夜行—白い聞の中を歩く』や日本の漫画が原作で、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した『オールド・ボーイ』を始め日本から発した映画が製作されました。
オリジナル脚本から作られる作品が多い韓国映画界の中で、日本に原作がある、あるいは日本映画のリメイク作品に対して韓国人はどのようなところに魅力を感じるのでしょうか。また、同じ原作からできた両国の映画を比較してみると、果たしてどのようなところが違うのでしょうか。韓国の日本映画研究者による映画を通した比較文化論です。

チョン・スワン氏(Jung Soo-Wan )氏
韓国・東国大学映画映像学部教授

1963年韓国ソウル生まれ
早稲田大学大学院博士課程修了。
東国大学映画学科で博士号取得。
専門は映画学、映画史、日本映画研究
前チョンジュ(全州)国際映画祭プログラマ一、韓国・映画振興委員会委員
著書に『アジアの文化は越境する』(共著、弦書房)


お申込み方法
催し名(「チョン・スワン講演会」)、氏名(参加者全員)、一般/学生の別、メールアドレスまたは連絡先FAXを明記の上、メールかFAXで申し込んでください。
メールアドレス:fuunesco2014@gmail.com
FAX:092-733-1291

主催、問い合わせ先
一般財団法人 福岡ユネスコ協会(平日10~17時)
福岡市中央区薬院2丁目4-5-702  TEL:092-715-8768
HP:http://fukuoka-unesco.or.jp

コメントは受け付けていません。

講演会・セミナー活動について

福岡ユネスコ協会は日本研究者の方々をお招きし、様々な催しを開催してきました。 その一つ一つが、内外の研究者の方々の最新の発表と活発な討議を通して世界の目からみた日本の文化、そしてこれからの日本の在り方を示唆するものと高い評価をいただいております。 福岡ユネスコ協会は今後もこうした日本研究の発表の場をつくり、日本の文化を世界に発信する架け橋でありたいと願っています。 これらの会議、セミナー、シンポジウムは一般の方々に公開しております。会議用語は原則として日本語です。 一部外国語を使用する場合にはその旨を事前にご案内し、通訳や日本語資料の参照などで補います。 皆さまのご参加をおまちしております。

event