陣内秀信講演会

2014年01月26日

陣内秀信講演会

2014年1月26日(日)、九州大学西新プラザにて。
陣内秀信氏(法政大学デザイン工学部教授)はイタリアを中心に地中海世界の都市研究・調査を継続的に行い、欧州の魅力的な都市文化づくりを日本に紹介されるとともに、江戸・東京の水辺都市の空間構造を読み解く『東京の空間人類学』(ちくま学芸文庫、サントリー学芸賞受賞)を出版されるなど、建築・都市研究の第一人者です。
国内外の水辺空間をたくさんの画像で紹介しながらお話いただき、博多の街についても触れていただきました。
参加者の方々も熱心に聞き入っておられ、活発な質疑応答が行われました。

2016/04/13
講演内容をまとめたブックレットができました。
世界の水辺都市を巡る 《ヨーロッパ・アジア、そして日本》

コメントを残す

講演会・セミナー活動について

福岡ユネスコ協会は日本研究者の方々をお招きし、様々な催しを開催してきました。 その一つ一つが、内外の研究者の方々の最新の発表と活発な討議を通して世界の目からみた日本の文化、そしてこれからの日本の在り方を示唆するものと高い評価をいただいております。 福岡ユネスコ協会は今後もこうした日本研究の発表の場をつくり、日本の文化を世界に発信する架け橋でありたいと願っています。 これらの会議、セミナー、シンポジウムは一般の方々に公開しております。会議用語は原則として日本語です。 一部外国語を使用する場合にはその旨を事前にご案内し、通訳や日本語資料の参照などで補います。 皆さまのご参加をおまちしております。

event